dtvのメリットやデメリットってある?コスパ最強は事実なの!?

これだけ動画配信サービスが溢れている中で、dtvを契約している方もこれから契約したいっていうかたも良いところとどうなのかなって思うところがどこだっていうのは気になるのではないでしょうか。

せっかくお金を支払うのであれば満足度が高い方がいいですよね。dtvの中身を徹底解剖していきましょう。

 

dtvのメリットとは?

もちろん動画配信に限らず良いところと気になるところがあるのが世の常ともいうべき点ではありますが、まずはメリットが気になりますよね。良いところが分からないと選択肢にも入らない部分ってありますよね。

dtvのメリット
  • 月額500円(税抜)という圧倒的な安さ
  • 作品数(12万以上)が多い
  • ダウンロード可能でオフラインで見られる
  • TVで見ることができる
  • ジャンル・コンテンツが豊富
  • 無料でお試しできる期間がある
  • ドコモユーザー以外でも契約可能で月々のポイント(dポイント)も貯まってお得

dtvのメリットその①月額500円(税抜)という圧倒的な安さ

やはり値段が安いというのは何を差し置いても利点として挙げられると思います。まして、VODサービスはdtvに限らず毎月支払うシステムが多いです。

TVなどの家電のように1回買えば壊れるまで使えますというわけではなくて、毎月ちょっとずつでも積もり積もれば大きな額になってくるものです。

例えば、

毎月500円ならば年間で6,000円
毎月1000円ならば年間で12,000円
毎月2,000円ならば年間で24,000円。

月に支払う額の違いはちょっとだと思っても、6,000円~18,000円もかわってきます。言い換えれば、この6,000円~18,000円他のことにお金を使うことが出来るってことですよ。

やはりこの安さは大きなメリットだと言えますね。

作品数(12万以上)が多い

そして作品数が多いというのもdtvのメリットの1つです。安いけれど知らない作品しかないとか極端に配信が偏っているなんてことであれば毎月500円も払っているのにと不満に思ってしまいます。

しかし、12万以上となるとドラマも映画もアニメも様々な作品があります。最近のものから懐かしい作品またはあまりメジャーではなかった作品などここだから出会える作品達って意外と多いような気がします。

ダウンロード可能でオフラインで見られる

Wi-Fi機能が無いところで動画を再生するのって結構勇気が要りませんか?動画ってあまり気にせずに見ていると意外と通信量消費していたりしますよね。

りん
Wi-Fi環境じゃないのにうっかり自宅にいるつもりでアニメやドラマを1話分しっかり見ちゃったことが。。。気付いた時に慌てて止めても消費したものは戻らないんです。

うっかり月初めにやろうものならその月はギガの節約生活ですよ。こんな私のようにならないためにも、大っ切な機能があるんです。

それは、スマホやタブレットで家などのWi-Fiではない環境で見る時にかなり重宝します。それがこのダウンロードできるという機能」です。

ダウンロードできることのメリットは移動中に見ても通信量が一切気にならないことです。普段の通学・通勤だけでなく旅行なんかでも大活躍。この記事も見てみて下さい。移動中の楽しみ方についてまとめています。

旅の暇つぶしには映画や動画がオススメ。

2019年5月26日

さらにはコンサートの開場を待つ時やグッズを買う待ち時間など色んな場面で楽しめるんです。オフライン最高!

ただ、ちょっと注意しなければいけないこともあります。動画をダウンロードしてから48時間が経過すると、再生時に一度インターネットに接続する必要があります。これは、ライセンス認証というアクセスしようとしている人がきちんと会員の資格があるか確認している作業が行われるためです。

「後で見ようかな」とか「久しぶりに2回目を見てみよう」なんて時は要注意です。ダウンロードしてあるからと安心しきっていると、インターネット接続がまったくできないエリアに行ってた場合は、「動画の再生ができない~」なんてことになる可能性もあるので注意が必要です。

TVで見ることができる

スマホやタブレットで見れることももちろんメリットですが、家のTVの大画面で好きな映画やドラマみれたら最高ですよね。

dtvでは可能なんです。しかし、すべてのTVで可能なわけではありません。各メーカーのサイトでしっかり確認することが必要です。

【dtvを楽しむことが出来るTV】

メーカー名 公式サイト メーカー名 公式サイト
ソニー ブラビア SONY公式HP パナソニック ビエラ panasonic公式HP(ビエラ)
パナソニック ディーガ panasonic公式HP(ディーガ) 東芝 レグザ 東芝公式HP
船井電機 dTV対応テレビ 船井電機公式HP 日立 Wooo 日立公式HP
シャープ AQUOS シャープ公式HP ハイセンス dTV対応テレ ハイセンス公式HP

参考:dtv公式HP

ジャンル・コンテンツが豊富

引用:dtv公式HP

映画にアニメにドラマにバラエティに音楽やキッズまで。もちろん一人でも楽しめますが親子でも楽しめるのがジャンルの多さの魅力ですね。

無料でお試しできる期間がある

どんなに知り合いから評判を聞いたって、口コミサイトから情報を得たって実際使うのは自分だし、自分の好みのドラマや映画だって全く他の人と同じっていうわけではないと思います。

情報として得たものをもとに、実際使ってみるのが一番ですよね。いくら月額500円(税抜)とはいえ、「契約しなきゃよかった」なんて切ない」思いはしたくないですよね。

そんなあなたに朗報です。dtvではなんとお試し期間が31日間あるんです。これだけあれば、急に忙しくても休日にまとめてみたりすることも出来ますし、いろいろなジャンルの作品もお試し出来るのではないでしょうか。

自分が見たい作品が豊富なのか、操作が使いづらくないかなどこの期間でしっかり吟味することが大事ですね。

こちらはdtvも含めてVODの無料お試し期間の比較をしてみた記事になります。あわせてご覧ください。

VOD(動画配信サービス)を無料で視聴出来る!?お試し期間で比較!

2019年6月13日

 

ドコモユーザー以外でも契約可能で月々のポイント(dポイント)も貯まってお得

dtvを契約するのはドコモユーザーに限らずすべての人が契約可能です。しかし、ドコモユーザーでない人も契約というかお試しの時点でdアカウントを登録しなければならなりません。

ドコモユーザーではない方は、「面倒だな」って思った人も結構いるのではないでしょうか。しかし、逆に作ったからこそのメリットもありますよ。

それがdポイントが貯まるという事。dポイントが開始した当初はポイントを貯めたり、使えたりするお店も多いとは言い難い状況だったのでほぼドコモユーザーだけのポイントのイメージでしたよね。

ところがこの頃一気にというほどdポイントが使える・貯まるお店が増えた気がしますね。あんまりしょっちゅういかないお店であっても行った時に使った分は還元してもらっておけば後から別なものに使えたりしますよね。

お店独自のポイントカードなんて貯まる前に期限が来てしまうなんてざらにありましたが、こういう共通ポイントの普及はありがたいですね。

しかし、dポイントにも残念なことが1つあります。月額料金の支払いでポイントは貯まるんですが、レンタル作品などの課金が必要なところにポイントを充てることは出来ないんです。

ポイントでレンタルできるようになればもっとポイントを貯める楽しみも出来るのにななんて思ってしまいます。

 

dtvのデメリットとは?

「良いところがあれば悪いところもある。」これが人生ですよね。なんてことを言ってる場合でもなく、dtvのデメリットについてみていきましょう。

dtvのデメリット
  • 完全見放題ではない。レンタル作品などは課金が必要。
  • 作品数が多いわりに見たい作品が少ない。
  • 複数媒体で同時視聴が出来ない。ゲーム機も不可。
  • 4K作品が少なく、画質が気になる人もいる。

完全見放題ではない。レンタル作品などは課金が必要。

dtvに限らずVODって一定額の料金を毎月支払うことですべて見られるっていうイメージはまだ強いのではないでしょうか。

完全に見放題というサービスは少なく、見放題と最新作などを中心に別途支払うことでレンタルできる作品があるいうシステムを併用していることが多いですが、dtvも併用して提供している会社になります。

こちらの記事も参考にしてみてください。

VOD(動画配信サービス)の種類とは?それぞれの違いや特徴は?

2019年6月9日

見放題と謳われていると思うと「え、定額で支払っているのに、他にもお金とるの?」なんていう感覚になるのも理解できます。

しかし、レンタルビデオ屋さんでも新作と旧作ではレンタル料金も違うし、VODのシステムをこんなものだと理解してから契約するとそこまでデメリットには感じないかもしれません。

作品数が多いわりに見たい作品が少ない。

dtvは見放題作品が12万本以上と他社のサービスと比較しても群を抜いた数の作品を配信していると言えます。しかしながら、この中には音楽の作品、ミュージックビデオやライブ作品だけでなくカラオケ作品なども含まれています

もともと音楽作品がみたい、カラオケの練習がしたいなんて目的の人にとってはありがたいところですが、映画やドラマが見たい人にとっては単純な作品数としての多さよりも、自分の好きなジャンルが充実しているサービスの方が魅力です。

複数媒体で同時視聴が出来ない。ゲーム機も不可。

dtvでは同じアカウントでスマホもタブレットもPCも見ることは出来るんですが、同時に視聴することが出来ないんです。

他のサービスでは同時視聴が可能なサービスもありますし、使用できるデバイスなどにPS4などのゲーム機も入っているので、ファミリーで一緒になんてことを考えると他のサービスの方を検討してしまうのでしょう。

4K作品が少なく、画質が気になる人もいる。

ドラマ特に映画なんかでは、「映像美」が評価されている作品も多いですし、視聴する際の画質を気にする方も多いような気がします。

また集中してみているのにあまりに粗さが気になったり、映像がとまりがちだと不平不満がでるのもうなずけます。

しかし、用いるデバイスや通信環境などもありますし一概に口コミだけを信用せず自分でお試しした方が後悔しないと思います。

りん
私も何年も契約してはいますが、今挙がってるようなデメリット面がすごく気になったということはないですね。

 

dtvの特徴(料金やお試し期間など)

dtvがどんなサービスなのかを簡単に表でまとめてみました。

月額500円(税抜)で12万作品から選んでみられるだけでもやっぱりお得な感じがします。さらには、dtvだけで配信しているオリジナル番組もまた魅力の1つ。

キスマイやSKEのバラエティ番組や不能犯や銀魂などのオリジナルドラマ。31日間のお試し期間のうちに是非。一度試してみてください。

ダウンロードしてどこでも楽しむことができるのも例えお試し期間だけと思っていても無駄なく楽しめるポイントですよね。

dtvの支払い方法についてはこちらの記事に詳しくまとめてみました。

dtvの支払い方法は?クレジットカードやデビットカードは使える?

2019年6月15日

メリットだと思える点もデメリットも色々自分の求めるものや状況と照らし合わせて最適なサービスも満喫出来るのが理想ですよね。楽しいVODライフを送りましょう。

 

まとめ

  • dtvのメリットは月額500円(税抜)で見られる安さと12万以上の多彩なジャンルの作品が楽しめること。またダウンロード機能や倍速再生などあると嬉しい機能も充実。
  • dtvのデメリットは、別で支払いが必要なレンタル作品もある、作品数が多いわりに見たい作品が少ない、同時視聴が出来ない、4k作品が少ない。

どのVODのサービスもそうですが、やはり一長一短ですべての希望を叶えつくすっていうのは生易しいことではないのかもしれません。

しかし、サービスを利用する自分自身にとってなにが大事で何が不必要なのかをしっかり見極めることでデメリットの部分もデメリットとは感じない要素になり得ると思います。

dtvの料金の安さやオリジナル作品なども含めた多彩さで勝負しているといえるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です